お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
トップページ おすすめ情報 クチコミ情報 お役立ち情報 運営会社
お役立ち情報
洋食の食器を扱うマナーの手びき

洋食の食器を扱うマナーの手びき
結婚式やパーティーなどあらたまった場での食事マナーの手びきとして食器の扱い方ついて簡単にお話しいたします。
洋食の場合はまずテーブルに座るときは背中をピンと伸ばし、布ナプキンを膝元にかけておきます。次にフォークを持つ時は、右手で食べる時は鉛筆のように持ち、左手で持つ時は指差すようにして持ちます。指で挟んだような持ち方や、親指を突き出したような持ち方は絶対にしないように注意しましょう。
次にナイフですが、必ず右手で持つようにします。ナイフの先が人に向かないように気をつけましょう。食べている途中であれば、ナイフとフォークをお皿の両サイドに「ハの字」にして置きます。食べ終わった場合には、ナイフとフォークをそろえて時計の「3時」または「4時」の向きにしてお皿の上においておきます。またコップはお皿の向こう側に置きます。例えば、ワインを飲んだ後に同じグラスでビールなど違う飲み物を入れて飲まないようにします。